忍者ブログ
  • 2020.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.08
イベント主催についての所感 2

さて、今回何故、このような話をさせて頂いたのか。


理由があります。


本当は伝えるべきではなかったのかもしれませんが、知っておいて頂きたいことなのでお話します。





イベント開催を目前に控えたある日、その日も、注意喚起のためにツイッターで発信をしていました。そんなときに届いたメールがありました。




「参加費を取っているのだから、確認したものから個別に連絡して対応するべきだ。」




といった内容でした。メールの中には、言葉使いが威圧的だとの指摘もありました。そこは私にも非があると思います。ですが、この参加費を取っているのだから。という言葉に参加費をこちらの報酬と何か勘違いしているのではないかと思いました。


実際にそう思っているからの発言だと私は思っています。




尚、サークル参加費及び入場料代わりのパンフ代は、会場費及び運営費であり、余剰分は常に次のイベントの運営費に回しており、私の懐に入ってくる事はありません‬。


参加費を取ってるんだから…というのは、それは、お客様か何かでしょうか。おかしいですね、オンリーイベントには参加者はいるけれど、お客様はいないはずなのですが…。




月華遊星を主催している宴遊会の白石も、参加者の一人です。




先に話させていただいたオンリー主催に必要なことは、最低限全て行なっているつもりです。




正直、面倒くさいことの方が多いです。できるならやりたくない。


でも、これをするのは全て、セーラームーンオンリーイベント(同人誌即売会)という、その『場』が大好きだからです。


お金が儲かるから。そんな理由でならこんなことしません。




ここまで読んでいただいて、参加費(お金)をとっているから。と言えるのであれば、もう、今後オンリー開催のための主催業を私は行いません。




面倒くさいと思うことも、好きだからやっています。誰に強制されたわけでもない。こんなに苦労してるんだからわかって欲しい。と言っているわけではありません。好きでやってることです。受入れています。


ですが、参加費(お金)を払っているんだから。のように言われるのは、私はとても悲しく思います。




以前、二次創作と著作権の記事を書かせていただきました。


私の二次創作の考え方などは、そちらを参照していただきたい。グッズについても、注意喚起のところで書かせていただいてます。ご参照ください。




アナウンスの仕方が威圧的だとも言われた件に関しても、それは、全てイベントを長く続けていくためですし、参加者の方を守りたいという意図もあります。ただ、不必要に威圧的に感じてしまったのは、私の言葉の選び方が悪かったのだと思いますので、その点は今後気を付けていきます。申し訳ございません。




しかしながら、私の方で全てをカバーする事はできません。だからこそ、声を掛け合ってください。と、お願いしています。


ツイッターも基本的にはアナウンス専用でほとんどタイムライや、いちいち参加者のお品書きを見に行ったりしておりません。


また、ツイッターをやっていない方もいます。すべての作品を事前にチェックしろというのは到底無理です。




なので、不安なことがあったら、参加者の方から積極的にこれはどうなのか問い合わせをしていただきたいです。すぐに答えられるものは、すぐに答えますし、検討が必要な場合は、少しお時間を頂きますが、こちらの回答を用意します。


ですが、本当に微妙なものについては、最終決定は参加者ご自身に委ねることもありますので、その点ご了承下さい。




前も話した通り、私は著作権者ではありません。なので、100%正しい答えは出せないのです。99%大丈夫だと思うけど、残りの1%は、ご判断ください。そんな感じです。


ご理解いただければと思います。




本当であれば、細かい事は言いたくないです。皆さんが楽しく創作したものを、否定するような行為はしたくない。


だから、一人一人意識していただきたい。




私は、セーラームーンオンリーイベント(同人誌即売会)が本当に本当に大好きです。セラムンの同人に出会えたから、今、生きてると言っても大袈裟じゃない。私がオンリーを開催し続けるのはこのジャンルへの恩返しのようにも思っています。


ものすごく重たいことを言っている自覚もあります。ですが、これが事実です。




こんなことまで言われなきゃいけないの?と、参加する方は思うこともあるでしょう。ですが、私一人ではオンリーイベントはできません。厳しいこと、細かいことを言うのは、全て、その日を最高に楽しい一日にしたいからです。




笑顔で楽しかった。


また、来年もお会いしましょう。




そうやって長く長く楽しい時間を提供できるように、主催はこんなことをしてるんだな…と、少しだけ頭の片隅に置いていただけたら幸いです。




実際この記事は、メールを貰った直後、もう、オンリーイベント主催をやめたくなって書きました。グッズを全面禁止も考えました。月華遊星8を中止にすることさえも考えました。


オンリーイベントを続けていくのは、本当に大変です。


いつもいつも、来年はもうやらない、こんなに大変なことなんで続けているんだ。


もういっそグッズ全面禁止にしてしまえば楽じゃないか。そうすれば注意喚起もしなくていい。したくないことをしなければいけないのは本当に苦痛です。




そんな時に来たメールで、本当に心が折れるところでした。実際、折れていたのだと思います。ですが、こうやって、記事を書いて、友人たちにまず読んでもらいました。そのことで少し落ち着けて、当日を迎えることができました。


本当にいつも支えてくれてありがとうございます。




二次創作というものは、グレーゾーンと言われますが、実際は、訴えられなければ白、訴えられたら黒。そういう物です。


著作権者の動き次第で、いつなくなるか分からないですが、それとは別に、ちょっとした一言や行動がきっかけで、個人主催の主催者はオンリーイベントを継続できなくなります。




そのことを、頭の片隅においていただけたら幸いです。




最後に、私を支えてくれる仲間と参加・応援をしてくれる皆さんにいつも感謝しています。ありがとうございます。愛しています。




そして、私は、セーラームーンをセーラームーンオンリーイベントを愛しています。




その気持ちが私の支えです。


楽しかった!の言葉が、励みです。


イベントで見た笑顔は宝物です。




私は、セーラームーンオンリーイベント(同人誌即売会)があったから、大切な友人に出会えました。


参加する皆さんにとって、自分と同じような『場』になっていたら嬉しいです。




まだ、次回開催のお知らせは出来ません。


ですが、大切な場所をみんなで守っていきたいです。


どうぞ、ご協力よろしくお願いします。


最後までお読みいただいたあなたに感謝します。





2019年10月22日


宴遊会 代表 白石

 
PR
【2019/10/22 16:52 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>