忍者ブログ
  • 2020.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.08
月華遊星9中止のお知らせ
お世話になっております。
宴遊会代表の白石です。

タイトルの通り、残念ながら今年の月華遊星9の開催は中止となります。

3月末に記事を書いてから、間もなく緊急事態宣言が発令されるなど、今まで経験したことのない日々を送ってまいりました。
皆様もこれからどうなるのか、見えない不安を抱えている方も多いと思います。
そんな中で、少しでも楽しみなことになれば…と、月華遊星9開催に向けて、準備をしておりました。
それと同時に、開催できるのかどうか、宴遊会メンバーに意見を求め、どうにかならない物かと、考えに考えるそんな2ヶ月間でした。
今現在は、緊急事態宣言も解除されており、これから、段々と元の生活に戻っていくのであろう…。10月は大丈夫なのではないか?そう考えたりもしましたが、万が一、次のピークが、開催と被ってしまった場合、今とは比べ物にならない程の痛手があります。
それは、長くイベントを開催していくにあたり、大きな傷になりかねない。と判断し、今回の決断に至りました。
次回開催の日時はまだ決まっておりませんが、来年の秋で予定をしております。
また、日程が決まり次第、発表いたします。

星は必ず巡ってきます。

千年もかからない近い未来で、セーラームーンが大好きな仲間と一緒に、楽しい時間を過ごしましょう。

それはで、どうぞ、皆様お元気で、笑顔でお会いしましょう。
2020/5/31
宴遊会 代表 白石
PR
【2020/05/30 22:15 】 | イベント案内
「COVID-19」当イベントへの影響について。
お世話になっております。
宴遊会の白石です。

先日発表させて頂いた通り、美少女戦士セーラームーンオンリーイベント『月華遊星9』の開催を10月18日に開催予定しております。
しかしながら、現時点で、新型コロナウイルス「COVID-19」の影響により、多くのイベントが開催中止や延期などの対応に追われております。
私自身、2月頃は、10月開催のオンリー時には問題ないであろう…と考えておりましたが、『絶対に大丈夫はありえない。』という事実に目を背けることは出来ず、今記事を書かせていただいております。

ありがたいことに、毎回多くの方にご参加いただいております、そのため、人がぎゅうぎゅうになることは多々ございます。
それは、感染のリスクが高い状況であることは、間違いありません。

参加者すべての方の健康と安全を優先するためには、今の状況が続くようであれば、残念ながら、月華遊星9は無期限延期という判断をせざるを得ないと考えております。

現時点では、開催の予定です。
しかしながら、サークル申し込み開始頃(6月~7月あたり)までに、終息が見られない場合は、残念ながら、無期限延期とさせていただきますことを、どうぞ、ご了承ください。

月華遊星は、セラムン同人が好きな同志が年に1度、心おきなく大好きなセーラームーンの色々を発表し、萌えをぶつけ合う大切な場です。
この先も続けていけるよう、守っていきたいと考えております。
だからこその延期の判断をさせて頂くことになる可能性にご理解いただければと思います。
どうぞ、今後とも、月華遊星をよろしくお願いします。


2020年3月27日
宴遊会 代表 白石

【2020/03/27 01:04 】 | 未選択
イベント主催についての所感の記事ついて。

こんばんは、宴遊会代表の白石です。

イベント主催についての所感の記事について。


‪沢山の反応ありがとうございます。


正直、注意喚起のツイートはあまり拡散されなかったので、こんなに反応があるとは思っていませんでした。


また、励ましのメッセージがとても多く、月華遊星というイベントが、愛されているということを実感できました。ありがとうございます。‬




‪本当であれば個別にお返事をさせて頂きたい所でありますが、この記事にて、お返事の代わりとさせて頂きます。本当に、ありがとうございます。‬


‪また、皆様の笑顔にお会いできるよう、次回開催に向けて検討して行きます。その際には、どうぞ、沢山のご参加、ご支援を、どうぞ、よろしくお願いします。‬




次にお会いできるその日まで、皆様、それぞれ楽しいオタクライフをお過ごし下さい。


私自身も日々を楽しみつつ、最高に楽しい『場』を提供できるようパワーを貯めます!




話の最後に、イベント名及び主催者名に込められた願いをご紹介させてください。



月華遊星(げっかゆうせい):月の光が降り注ぐ惑星。


最初に名前を提案してくれた友人が、語呂が良くていい感じで意味になりそう。という提案したものです。私達は、これを見てこれしかない。ってなりました。




月華は月の光、遊星は、惑星という意味。それを月華遊星とすることで、月の光のもとに集まった惑星。遊星という字をそのままの意味でとらえれば、遊ぶ星々。


月の光、遊ぶ星々。




そして、宴遊会は、『セラムン』という作品の下で、それを肴に、宴会を開いて遊びまわれるように。という願いがあります。




月の光、遊ぶ星々、宴げ・遊び・集う会




月華遊星に参加してくれる方々は、全て、宴遊会メンバーの一員です。




何かの機会で、口頭でお話させて頂いた方もいるかもしれませんが、こうやって記事に残すのは初めてかもしれません。


長くやってきたなかでの、白石個人の解釈でもあり、個人的な話で恐縮です。




お友達とはちょっと違うかもしれませんが、同じものを好きな同志。


これからも一緒に楽しいイベントを開催出来たらと思います。




ただ、色々な理由で、毎回は参加できない、活動ができない、色々な事情があるとおもいます。そうだとしても、私はまた、お会いできることを楽しみにしています。そして、私自身もこれからどうなるか分かりませんが、状況が許す限りは、続けていきたいと思っています。




主催だけいてもオンリーイベントは成立しません。


出来る限り、参加して頂けるととてもありがたいです。


『場』を守れるのは、主催だけではないです。サークル参加・一般参加・スタッフ参加…どれがかけても成り立ちません。


どうぞ、私達と共に、楽しいイベントにしましょう。




セーラームーンが、その世界が、大好きだ!と沢山言える空間で、また、お会いしましょう。




それでは、だらだらと長くなってしまい、本当に申し訳ございません。


あ、因みにですが、白石は、なかなかの鋼メンタルです。記事を書いたことで、外に発散しており、逆に、あれを読んだことで、哀しい気持ちにさせてしまったりしてしまったら申し訳ございません。ですが、これも、長く続けていくため…です。




本当に、長いことお付き合いさせてしまい、申し訳ありませんでした。


どうぞ、皆様、戦利品を存分に楽しんで下さい。そして、感想は、是非、作者さんに届くようにしてあげてください。美味い感想なんて要らないんです。面白かった!の一言で十分です。よろしくお願いします。




お願いばかりで申し訳ございません。


それでは皆様、月華遊星でまた、お会いしましょう。





2019年10月23日


宴遊会 代表 白石

【2019/10/23 22:08 】 | 未選択
イベント主催についての所感 2

さて、今回何故、このような話をさせて頂いたのか。


理由があります。


本当は伝えるべきではなかったのかもしれませんが、知っておいて頂きたいことなのでお話します。





イベント開催を目前に控えたある日、その日も、注意喚起のためにツイッターで発信をしていました。そんなときに届いたメールがありました。




「参加費を取っているのだから、確認したものから個別に連絡して対応するべきだ。」




といった内容でした。メールの中には、言葉使いが威圧的だとの指摘もありました。そこは私にも非があると思います。ですが、この参加費を取っているのだから。という言葉に参加費をこちらの報酬と何か勘違いしているのではないかと思いました。


実際にそう思っているからの発言だと私は思っています。




尚、サークル参加費及び入場料代わりのパンフ代は、会場費及び運営費であり、余剰分は常に次のイベントの運営費に回しており、私の懐に入ってくる事はありません‬。


参加費を取ってるんだから…というのは、それは、お客様か何かでしょうか。おかしいですね、オンリーイベントには参加者はいるけれど、お客様はいないはずなのですが…。




月華遊星を主催している宴遊会の白石も、参加者の一人です。




先に話させていただいたオンリー主催に必要なことは、最低限全て行なっているつもりです。




正直、面倒くさいことの方が多いです。できるならやりたくない。


でも、これをするのは全て、セーラームーンオンリーイベント(同人誌即売会)という、その『場』が大好きだからです。


お金が儲かるから。そんな理由でならこんなことしません。




ここまで読んでいただいて、参加費(お金)をとっているから。と言えるのであれば、もう、今後オンリー開催のための主催業を私は行いません。




面倒くさいと思うことも、好きだからやっています。誰に強制されたわけでもない。こんなに苦労してるんだからわかって欲しい。と言っているわけではありません。好きでやってることです。受入れています。


ですが、参加費(お金)を払っているんだから。のように言われるのは、私はとても悲しく思います。




以前、二次創作と著作権の記事を書かせていただきました。


私の二次創作の考え方などは、そちらを参照していただきたい。グッズについても、注意喚起のところで書かせていただいてます。ご参照ください。




アナウンスの仕方が威圧的だとも言われた件に関しても、それは、全てイベントを長く続けていくためですし、参加者の方を守りたいという意図もあります。ただ、不必要に威圧的に感じてしまったのは、私の言葉の選び方が悪かったのだと思いますので、その点は今後気を付けていきます。申し訳ございません。




しかしながら、私の方で全てをカバーする事はできません。だからこそ、声を掛け合ってください。と、お願いしています。


ツイッターも基本的にはアナウンス専用でほとんどタイムライや、いちいち参加者のお品書きを見に行ったりしておりません。


また、ツイッターをやっていない方もいます。すべての作品を事前にチェックしろというのは到底無理です。




なので、不安なことがあったら、参加者の方から積極的にこれはどうなのか問い合わせをしていただきたいです。すぐに答えられるものは、すぐに答えますし、検討が必要な場合は、少しお時間を頂きますが、こちらの回答を用意します。


ですが、本当に微妙なものについては、最終決定は参加者ご自身に委ねることもありますので、その点ご了承下さい。




前も話した通り、私は著作権者ではありません。なので、100%正しい答えは出せないのです。99%大丈夫だと思うけど、残りの1%は、ご判断ください。そんな感じです。


ご理解いただければと思います。




本当であれば、細かい事は言いたくないです。皆さんが楽しく創作したものを、否定するような行為はしたくない。


だから、一人一人意識していただきたい。




私は、セーラームーンオンリーイベント(同人誌即売会)が本当に本当に大好きです。セラムンの同人に出会えたから、今、生きてると言っても大袈裟じゃない。私がオンリーを開催し続けるのはこのジャンルへの恩返しのようにも思っています。


ものすごく重たいことを言っている自覚もあります。ですが、これが事実です。




こんなことまで言われなきゃいけないの?と、参加する方は思うこともあるでしょう。ですが、私一人ではオンリーイベントはできません。厳しいこと、細かいことを言うのは、全て、その日を最高に楽しい一日にしたいからです。




笑顔で楽しかった。


また、来年もお会いしましょう。




そうやって長く長く楽しい時間を提供できるように、主催はこんなことをしてるんだな…と、少しだけ頭の片隅に置いていただけたら幸いです。




実際この記事は、メールを貰った直後、もう、オンリーイベント主催をやめたくなって書きました。グッズを全面禁止も考えました。月華遊星8を中止にすることさえも考えました。


オンリーイベントを続けていくのは、本当に大変です。


いつもいつも、来年はもうやらない、こんなに大変なことなんで続けているんだ。


もういっそグッズ全面禁止にしてしまえば楽じゃないか。そうすれば注意喚起もしなくていい。したくないことをしなければいけないのは本当に苦痛です。




そんな時に来たメールで、本当に心が折れるところでした。実際、折れていたのだと思います。ですが、こうやって、記事を書いて、友人たちにまず読んでもらいました。そのことで少し落ち着けて、当日を迎えることができました。


本当にいつも支えてくれてありがとうございます。




二次創作というものは、グレーゾーンと言われますが、実際は、訴えられなければ白、訴えられたら黒。そういう物です。


著作権者の動き次第で、いつなくなるか分からないですが、それとは別に、ちょっとした一言や行動がきっかけで、個人主催の主催者はオンリーイベントを継続できなくなります。




そのことを、頭の片隅においていただけたら幸いです。




最後に、私を支えてくれる仲間と参加・応援をしてくれる皆さんにいつも感謝しています。ありがとうございます。愛しています。




そして、私は、セーラームーンをセーラームーンオンリーイベントを愛しています。




その気持ちが私の支えです。


楽しかった!の言葉が、励みです。


イベントで見た笑顔は宝物です。




私は、セーラームーンオンリーイベント(同人誌即売会)があったから、大切な友人に出会えました。


参加する皆さんにとって、自分と同じような『場』になっていたら嬉しいです。




まだ、次回開催のお知らせは出来ません。


ですが、大切な場所をみんなで守っていきたいです。


どうぞ、ご協力よろしくお願いします。


最後までお読みいただいたあなたに感謝します。





2019年10月22日


宴遊会 代表 白石

 
【2019/10/22 16:52 】 | 未選択
イベント主催についての所感 1

お世話になっております。


宴遊会代表の白石です。


いつも当団体が開催している月華遊星にご参加頂きありがとうございます。


無事、今年の月華遊星8も終了いたしました。


沢山のご参加ありがとうございました。


総括の方は、既に書かせていただいておりますので、月華遊星8のイベントのことについては、そちらをお読みください。




この記事では、主催は何を毎回しているのか簡単にお話させて頂きたいと思っています。




尚、この話は、一例であり、すべての主催者に当てはまるものではありません。


そして、宴遊会は、基本的に主催代表である白石が、当日までの作業をほぼ一人で行っています。


イラストを提供いただいたり、相談に乗ってもらったり、手助けをしてくれるメンバーはもちろんいますが、雑用はほぼ一人で行っています。


そして、宴遊会は非営利団体です。長く続けておりますが、イベント主催を生業としているわけではありません。




そんな我々の主催業について知っていて欲しいと思うことがあり、お話させて頂きます。


是非、一度、お読みいただければと思います。





まず、大体一年前から会場を押さえます。会場に電話をして、良さそうな日程で決めてます。今はだいたい、10月の3回目日曜日か、4回目日曜日で予約をとることが多いですね。日程をそこで決めたら、申込書を書いて、身分証明書のコピーと共に送り、予約金を入金します。




それが終わったら、チラシ作成のために作家の方に打診して、作成を依頼します。そうして、出来上がったものに対して、ロゴを担当してくれる方にお願いをして、仕上げます。仕上がったものを印刷所に入稿、各イベントで配布、その配布もサークルさんの協力をえつつ、イベントのチラシ置き場に持ち込んだりしております。


そして、サークル申し込み時期の前には、HPを整備します。尚、HPは、私には難しくて作れないので、協力してくれる友人に作成、運営をしてもらっています。そうやって、HPの準備ができたところで、サークル申し込みの受付開始です。


申し込まれたサークル申し込みを一件一件確認します。不備がないかどうか。全てです。月華遊星8でいうと約80件です。私も普通に仕事をしています。仕事がない休日や仕事終わりにそう言ったチェックの作業をしています。チェックの作業には、申し込み確認の内容確認だけではなく、サークルカットのチェック、入金チェックなどです。


サークルカットは、郵送もあるので、郵送分については私の方で、スキャナーで取り込み、デジタル化作業もしています。


データを全てチェックして、問題のない方達は、サークル参加できます。


以前はメールでの連絡もしていましたが、手間の削減のためにサークルリストをHPに上げることで当落を出し、不備があった方にのみ個別に連絡をする方式にしております。


今回は、基本的に全サークル当選でしたが、重大な不備のある方には、落選となり、返金手続きなども行うことになります。それも、自動でやってくれるわけではないですね。


サークル参加者が確定したら、今度は、サークル配置を行います。サークル数に合わせて毎回机の配置もどうするのが混雑や混乱を最小限に抑えられるかを考え配置しています。机の配置が終わったら、そこにサークル参加の方々を落とし込んでいきます。


全サークルの要項をチェックして、傾向の近い方をグループ化して、近くに配置していきます。全て手作業です。友人がもっと近くにいれば手分けもできますが、そうもいかないのでこれも全部私がやってます。


サークルナンバーが決まったら、サークル配置図も整えて、サークル一覧を作成して、それをHPを担当している友人に投げて、アップロードしてもらってます。今回、リンクに不備が多くご迷惑をおかけしました。これは、私の方のチェック不足でした。不備を指摘していただきありがとうございました。助かります。




さて、ここから、パンフレットの作業です。必要事項などを記載した上で、デザインを友人にお願いしたりして作ってもらってます。アンケートなども基本的には、私が全て募集、集計、ページ作成してます。今回もアンケートはなかなか面白いかなと思います。ご協力ありがとうございました。


もちろん、パンフレットの表紙も並行しています。月華遊星8では、パンフレット表紙を頼むのがほんの少し遅くなってしまい、大変なのご苦労をかけたと思います。とても素敵なイラストが上がってきて私は大満足でした。ロゴもベストマッチに作ってもらえました。本当にありがとうございます。


出来上がったものの最終チェックを行い、印刷所に入稿、入金を済ませたら、パンフレット作業は終了です。




そして、支援印刷所の申請も行います。


申請をして、HPに支援印刷所のリンクを貼ります。


支援印刷所には、私の方で搬入要項を送ったり、直接搬入の時間などの指示をします。




尚、宅配要項につきましては、毎回、宅配業者のヤマトさんに連絡をして、指示を受けて、それを元にサークル案内の宅配要項をつくります。サークル案内は、基本的に毎回決まったものなのでそれほど手間ではありませんが、宅配要項の日付などは毎回編集を行なってます。丸々使いまわせるものはありません。




サークル案内書が出来上がったら、発送です。


別途、毎回サークルチケットを作成してくれる友人力作の素敵なサークルチケットと共に発送です。


約80通。宛名用の用紙を用意して、サークル案内書と頒布物確認書兼パンフレット引換書をまとめてお送りします。それを全部折って、入れて、封をする。全て私が一人、休日などに行ってます。そうやって、発送されます。




その他、じゃんけん大会のためのグッズ制作を手配したりもします。


チラシやパンフレットイラストを使用することが多いのですが、そのまま使える事はほぼないので、加筆修正をお願いしたりして、入稿を行います。




あとは、メールなどで問い合わせがあれば、その都度対応をしています。




あとは、当日の注意事項を書いたり、今回は、8月末の創作活動が本格化するタイミングで、グッズ注意喚起の記事を書きました。




ツイッターでは、時間がある時に注意喚起や、当日に向けてやっておいてほしい事、混雑対応の話。など、させていただいたりしています。ツイッターで先行してお話ししたことをブログにまとめることもあります。




そうして、当日に向けて、入場整理券の作成や、机に貼るサークルカットを用意したり、サークルや本部に貼る貼り紙の数々を用意します。




それと、スタッフ集めですね。


スタッフは、必ずしもセーラームーンファンではありません。なぜかと言えば、外の配置は、せっかくオンリーに来ているのにかわいそう…というのがあり、セラムン好きの人には会場内、もしくは近くのお仕事をお願いして、セラムンとは関係ない友人に協力してもらいその他作業をお願いしています。そう言った友人達には、数ヶ月前からちょこちょこお願いをして回ったりしています。




そして当日を迎えたあとは、会場にお金を払って終了です。


主催業といいますか、毎回私が行っている作業はこんな感じです。


これを毎回、全て、無償で行っています。


イベント主催についての所感 2へ続きます

【2019/10/22 16:49 】 | 未選択
| ホーム | 次ページ>>